読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠のゼロ。やっと順番まわってきた。

図書館に予約していた人気の本「永遠のゼロ」がまわってきた。案外早かった。諦めた人も多かったのだろう。

読み始めて何で予約したのかなあと思った。

歴史とくに戦争の時の色々なお話は、どう評価したらいいのか、今の所私にはしっくりこない。話される内容は確かことで、その人にとっては刻み込まれたことであることになんら反論はない。

しかしどこまで捉えられた話なのか、戦争の歴史の地図がまだ出来上がっていない感じなのだ。誰かのせいではないのはわかっている。自分の問題だ。なぜかそこから顔を背けようとするわたしがいる。