読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『いま世界の哲学者が考えていること』

Philosophical Challenges in the 21st Century

岡本裕一朗著

「たった今進行しつつあることは何なのか、我々の皆何が起ころうとしているのか、この世界、この時代、我々が生きているかの瞬間はいったい何であるのか、我々は何者なのか。」フーコーが、カントの『啓蒙とは何か』について書いている。

この本のテーマは

①哲学は現在、私たちに何を解明しているか?

②IT革命は、私たちに何をもたらすか?

バイオロジーは、私たちを、どこに導くか?

④資本主義制度に、私たちはどうむきあえばいいか?

⑤宗教は、私たちの心や行動にどう影響をおよぼすか?

⑥私たちを取り巻く環境は、どうなっているか?

 

「全ての人にとって、現代がどのような時代なのか、どこは向かって進んでいるのかは、コモンセンスとして知っておく必要があると思います。哲学は、そこから離れて、全体をあらためて捉え直すとき、物事の本質が見えてくる。」

 

GoogleFacebookAmazonなどの会社は、それぞれ考えているはずだ。哲学者たちは、AIの方向性や限界を、把握出来るのだろうか。

全体を俯瞰出来る優位性があるとでも言うのか?

少し期待し、少しがっかりした本であった。