読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐々木俊尚著『家めしこそ、最高のごちそうである。』

佐々木俊尚さんはどこへ向かっているのだろうか?

ホントのところよくわからない。

この本は、才能を無駄遣いしているかとも受け取れる内容だ。

しかし、生きることの豊かさをかんじさせてくれるいい本だと思った。

中身は、元気な人が食べる食事だなあ。

お年寄りが食べるには、なまに近い食材が多くて消化するのは難しそうだ。

幾つか参考にしたい点があった。

調味料は良い物を使うというのは真似したい。

それ自体は料理を圧倒的に美味しくなるはずだ。

楽しんで料理をして食べるという一連の内容生きることを楽しむことの基本にあると言う点は賛成だ。