読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿修羅像

f:id:mikakuninn2:20170319165150j:image

「啓翁桜」毎日見ていると枝の先迄しっかり花を咲かせてくれて、さらに緑の葉も、本当にありがとうという気持ちになる。

来月奈良博物館の快慶展を見て、隣の興福寺で阿修羅像に会いに行こうと思っている。

応仁の乱』がよく売れているらしいので本屋で立ち読みしようと思った。まずは、興福寺別当の日記から書かれている。南北朝時代の理解はあやふやだったので、興味深くこの本を買ってしまった。

何気なく阿修羅について調べているとNHK

3月23日(木)午後10時から90分番組がある。

阿修羅像は、ファンが多い。顔立ちや姿に仏像という概念を忘れさせてくれるものがある。

時代を超えで私たちを魅了する。

アンテナを立てていると、繋がってるなあと感じる。

 

 

江戸琳派の美 抱一・其一とその系脈

f:id:mikakuninn2:20170217192022j:image

(別冊太陽 日本のこころ244)

京都細見美術館の鈴木其一展も19日まで。

鈴木其一。酒井抱一の弟子で江戸琳派を代表する絵師。亡くなったのは1858。歌川広重と同じ年コレラで死亡。

アメリカ艦船ミッドウェーがシナを経由して日本に来たとき、江戸にコレラを持ち込んだらしい。

『文明の崩壊』のジャレドダイヤモンド著を思い出した。コレラに対して免疫のない日本は、当時防疫体制も整っているとは思えず、ひとたまりもなく発病したであろうと想像する。

多くの人々がコレラに罹りなす術もなく命を落とした。それから思うと現代は、様変わりしていると思う。

安政の大獄とか、飢饉とか、しかし戦いに明け暮れた戦国時代から見ると江戸時代は落ち着いて生活出来たであろう。

今の時代の利点を喜んで豊かに生きていく術を心得たい。生活に追われて良さを享受できないのでは残念だ。

 

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』

f:id:mikakuninn2:20170217062116j:image

ジョコビッチの生まれ変わる食事』

ノバク・ジョコビッチ

グルテンフリーの食事は何を食べればいいのか?もう少しわかりやすく書いて欲しい。

箱詰め袋詰めの食品をやめる。

魚(天然)鶏肉(平飼いの地鶏)

ブロッコリー、カリフラワー、インゲン豆、アスパラガス

そば、玄米、

アーモンド、くるみ、ピーナッツ、ひまわりの種、かぼちゃの種、ピスタチオ

オリーブオイル、ココナッツオイル、アボカドオイル、亜麻仁油

ひよこ豆、レンズ豆

これらで、毎日に食事を成り立たせるのは難しいと思う。

食品の質にこだわるとか言っても、行き過ぎると悪い冗談かと思ってしまう。

出来そうなところだけ取り入れたい。

 

 

『媚びない人生』

f:id:mikakuninn2:20170210123840j:image

 『媚びない人生』ジョン・キム著

1.内面的な革命を起こす

社会に革命を起こすことは難しく、時間がかかるものだ。しかし内面の革命は今この瞬間にスタート出来る。社会や他者に媚びないと自らを鼓舞し、真に自由な人生を生きるために、その革命に挑んで欲しいと私は考える

内面とは「感情」「思考」「言葉」「行動」の4つで構成される。自分の感情を自分でコントロールできているか。論理的思考を含め思考で負けないか。難しい言葉を使わず、説得量のある形で言葉を操れるか。思いを行動に移し結果を受け入れそこから学び自らを成長させられるか。

 

2.不満を成長の糧にする

たとえ不満の原因が自分の外にあったとしてもその原因を自分の中で見つけるクセをつける。それは自分を悪者にするということではない。不満を自分の原因の昇華てきたなら、その時不満は不満出なくなるからである。例えばおかしな上司がいる。、それを不満にして吐き出してしまうのは簡単である。しかし、それを一度抑えてみる。上司に対する不満の原因は何かを自分の内側で考えてみる。

 

3.自分にとって理不尽は相手にとっての合理

社会に出たばかりの頃は理不尽だと思うこと不条理だと思うことにたくさん遭遇すらと思う。まず理解しておくべきは理不尽、不条理なものは実は他者にとっては合理的な選択だということである。、自分の価値を測るものさしから見れば合理的であるのだ。

 

4.ネガテイブな感情を自覚する

実はネガテイブな感情は居場所を、与えられて表に出されると、極めて居心地が悪くなる性質を、持っている。ならば、その習性をしっかり理解してきちんと正面から向き合ってやればネガテイブな感情は逃げていく。どうするかというと例えば嫉妬でも焦りでも妬みでもいいのだがそれを感じたときにネガテイブな感情を自覚することである。できるなら言葉に出してみるのである。

 

5.自分だけの山を見つける

社会に出たら人生における山をいかにうまく自分で見つけられるかところから勝負が始まると私は考えている。みんなと同じ高い山を登ることは創造性が求められる今の時代もはや大した意味はない。なぜならそれは所詮すでにある山だからだ。むしろ誰も登ったことのない山を見つけ登ることこそ今は求まられているし挑戦しがいのある山なのだ。

 

6.成功や失敗は「結果」ではなく「瞬間」にある

成功というものがどこかに形として存在していると思い込んでいる人がいる。しかし、人生の成功は他者ではなく自分が決めるのだ。自分が今最善を尽くしているのであればそれは何よりの成功である。逆に頑張らねばならない時にだらしなく過ごしているときはたとえ結果が出ていようと失敗であるを成功や失敗は結果にあるのではなく常にこの瞬間にある。その瞬間が連続となった状態に幸せな人生があるのだ。

 

言葉に強さがあると思う。

自分を信じて今この瞬間を生きることだ。

内面の革命は今起こすことができる。

 

 

『若冲』辻 惟雄著

f:id:mikakuninn2:20170208140026j:image

講談社学術文庫から、『若冲辻惟雄著。

 NHKスペシャルYouTubeを見た。若冲だ。

辻さんが出てた。講談社学術文庫で見たばかりだった。

保存状態も良く残されていた鳳凰の絵。

白の線の美しいこと。何の狂いもない。

美しいまま残っていたこの絵。研究者冥利だ。

至福の顔だった。年取ったとき、あんな風でありたいなあと思った。今から、本物を見続けたらあんな顔ができるかなあ。

2016年が生誕300年だった。

落款の欠けで作品の描かれた時期がわかる。

それは使い続けてくれたからだ。

愛用品っていいなあと思う。育てたい。

 

 

 

 

 

ハーバードの壁の20項目

f:id:mikakuninn2:20170207084153j:image

1.今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う

2..あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である

3.勉強に励む苦しさは今だけであり、勉強しなかった苦しさは一生続く

4.明日やるのではなく今日やろう

5.時間は絶えず去りつつある

6.時間は絶えず去りつつある

7.学習は時間かないからできないのではなく努力が欠くから出来ないものである

8.学習は人生の全てとは言わないが人生の一部としてつづくものである

9.学習することが人生の全てとは言わないが学習すらできないものに何ができるのであろうか

10.人より早く起き人より努力して初めて成功の味を真に噛みしめることができる

11.怠惰な人間が成功することは決してない、真に成功を収めるものは徹底した自己管理と忍耐力が必要である

12.時間が過ぎるのはとても早い

13.今の涎は将来の涙となる

14.犬のように学び紳士のように遊べ

15.今日歩けば明日走るしかない

16.一番現実的な人は自分の将来に投資する

17.教育の優劣が収入の優劣

18.過ぎ去った今日は二度と帰ってこない

19.今この瞬間も相手は読書して力を身につけている

20.努力なしに結果なし

 

ハーバード大学図書館の壁に貼ってあるというのはウソという話もある。

ことの真偽は別として、努力を煽る内容であることは間違いない。

懸命にことに当たることに気持ちの良さを感じる。誰であろうと。