読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石峰寺

石峰寺参拝。 去年は4月15日満開だったので、行って見た。 お寺の方のお話によると、急に咲き始めたらしい。まだ咲き始めの様子。 八重桜が満開になると本当に美しい。 ほんの数日だけ満開となる。 4/26〜30の若冲特別展のときはもう咲き切っているだろうも…

阿修羅像

「啓翁桜」毎日見ていると枝の先迄しっかり花を咲かせてくれて、さらに緑の葉も、本当にありがとうという気持ちになる。 来月奈良博物館の快慶展を見て、隣の興福寺で阿修羅像に会いに行こうと思っている。 『応仁の乱』がよく売れているらしいので本屋で立…

江戸琳派の美 抱一・其一とその系脈

(別冊太陽 日本のこころ244) 京都細見美術館の鈴木其一展も19日まで。 鈴木其一。酒井抱一の弟子で江戸琳派を代表する絵師。亡くなったのは1858。歌川広重と同じ年コレラで死亡。 アメリカ艦船ミッドウェーがシナを経由して日本に来たとき、江戸にコレラを…

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 ノバク・ジョコビッチ著 グルテンフリーの食事は何を食べればいいのか?もう少しわかりやすく書いて欲しい。 箱詰め袋詰めの食品をやめる。 魚(天然)鶏肉(平飼いの地鶏) ブロッコリー、カリフラワー、インゲン豆、ア…

『媚びない人生』

『媚びない人生』ジョン・キム著 1.内面的な革命を起こす 社会に革命を起こすことは難しく、時間がかかるものだ。しかし内面の革命は今この瞬間にスタート出来る。社会や他者に媚びないと自らを鼓舞し、真に自由な人生を生きるために、その革命に挑んで欲し…

蕪(かぶ)

水彩画。 全然違うなあ。

『若冲』辻 惟雄著

講談社学術文庫から、『若冲』辻惟雄著。 NHKスペシャルのYouTubeを見た。若冲だ。 辻さんが出てた。講談社学術文庫で見たばかりだった。 保存状態も良く残されていた鳳凰の絵。 白の線の美しいこと。何の狂いもない。 美しいまま残っていたこの絵。研究者冥…

ハーバードの壁の20項目

1.今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う 2..あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である 3.勉強に励む苦しさは今だけであり、勉強しなかった苦しさは一生続く 4.明日やるのではなく今日やろう 5.時…

脳が冴える15の習慣

『脳が冴える15の習慣』築山 節さん 1.朝は定時に起きる 2.朝起きたら頭のウォーミングアップをする (家事、音読、挨拶+一言)足手口を意識して動かす 3.頭の回転を早めるためには、競争相手を作る、時間の制約を作る(遊びは遊びで時間を設ける)真面目な…

ハーバードの人生を変える授業

『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー著 1.感謝する 2.習慣化する 3.運動する 4.仕事はの考え方を変える 5.意義を見いだす 6.思いやりの心を持つ 7.困難から学ぶ 8.全てをシンプルにする 9.プロセスを楽しむ 10.理解し、理解される 11.失…

人に気合を入れてもらいたい

「あたりまえから始めなさい」千田琢哉さん 1.まず自分から与えなさい もらうことをあたりまえだと思っているうちは貧しいままで豊かな人ほど与えている。それでもますます豊かになっていくのは、周りに感謝しているから。 2.才能がなければ進路変更する 努…

『採用基準』伊賀康代著より

「 リーダーシップの七つの条件」 『採用基準』伊賀康代著 1.目標を掲げる ・プロジェクトのゴールの共有 2.先頭を走る ・度胸を付ける ・話を集中して聞く ・質問力をつける 3.時間や条件が足りなくても「決める」 4.チーム全員がリーダーシップを持つ 5.和…

幸せを増進する12の活動

「幸せを増進する十二の活動」 ソニアリュボミアスキー 1.感謝の気持ちを表す 2.楽観的になる 3.考えすぎない、他人と比較しない 4.親切にする 5.人間関係を育てる 6.ストレスや悩みに対抗策を練る 8.熱中する活動を増やす 9.人生の喜びを深く味わう 10.目標…

藤野英人「100の習慣」

1.会社で一番早く出社しょう 2.大きな声で「おはようございます」と言ってみよう 3.大きな声で挨拶できなければ、会釈して頭を下げることに慣れよう 4.頭を下げることはカッコいいことだと考えよう 5.SNSやブログなどで発信しよう 6.毎日30分勉強してみよう …

『いま世界の哲学者が考えていること』

Philosophical Challenges in the 21st Century 岡本裕一朗著 「たった今進行しつつあることは何なのか、我々の皆何が起ころうとしているのか、この世界、この時代、我々が生きているかの瞬間はいったい何であるのか、我々は何者なのか。」フーコーが、カン…

Dragos 100Ways To live A Better Life

「より楽しい人生を」 1.間違いを受け入れる 2.友達のミスを許す 3.新しい習慣をつける 4.自己規律を作る 5.新しい友達をつくる 6.新しい仕事につく 7.いつも食べてるものを変える 8.日記をつける 9.「今日の一言」を作る 10.遠くへ旅に出る 11.リスクを冒す…

ライフネット生命の出口治明さん

宗教は貧者の麻薬、宝くじは貧者の税金。 人間にとって本当に大事なことは世界を変えること。 今いる場所で人間は行動しなければ世界は変わらない。人間が生きることは世界経営計画のサブシステムだ。 世界をどう理解し、どこをどう変えたいと思い自分は何を…

高濃度チョコ(70%以上)の認知機能改善

70%以上の高濃度のチョコレートを毎日4週間食べ続けると認知機能の改善が見られたらしい。 BDNFが上昇すると認められた。 1日25gづつ毎日摂取するのはなかなか大変。 本当に有効なら続けたい。 元々チョコが好きということも、毎日続けられる後押しになって…

時とは命を分割したもの

紅白梅。なんとなく古き良き時代なんじゃないかなと思わせてくれる花 「 梅」。 この寒い時期に花を咲かせてくれる。もうすぐ春なのだと思わせてくれる。 盆梅展なんて行ってみたい。長浜とか、近くでは大阪の天満宮もある。 期待と、言いしれぬ不安と焦燥の…

ハッピーな人間になる方法

『科学的に証明されたハッピーな人間になるための13の方法』を見つけた。 ・他人のためにお金を使う ・毎晩その日に起こった幸せな出来事を3つ書き留める ・新しい事に挑戦する ・楽しみは後にとっておく ・青い色をみる ・達成する目標をセットする ・自分…

春が来た

朝から雨が降っていた。お昼には春の気配、暖かい。夕方からまた冬に戻るらしい。 こうした気候の変化はとても身体に影響する。 こうした点は、地球環境の上で生きていることを思い知らされる。特に高齢者は大きい影響を受ける。 花の香りと春の気配は気持ち…

ポストファクト

デマや嘘のニュースに対処できない。 Facebookでそれが広まることによってトランプ大統領が誕生したというのは、本当だろうか。 真実よりも感覚が優先される環境をFacebookが作っているというのだ。 Facebookの問題というよりも、人間の習性なのだろう。真実…

バレエ

スポーツクラブのスタジオプログラムでバレエを始めて6カ月。 今年年初から始めたので計算しやすい。 思う通りには行かない。体はいうことをきかない。 しかし、なぜかとてもワクワクする。 老化で整形外科に通う代わりに、バレエレッスンをする。 1年続け…

フェルドマン博士の日本経済最新講座

ちきりんさんの推薦から、フェルドマンさんの本を読んでみた。 縦書きの日本語で書かれているが、今までの日本語ではない。まず答えが書いてある。 多くの知識に裏打ちされた見解を惜しげもなくまず書く。そこから始まることを知っている。自分の頭のゴミを…

『聲の形』買ってみた。

近頃、手話や要約筆記をやっている。 漫画の『聲の形』が人気らしい。 全く知らなかった。①と②を読んでみた。 涙が止まらない。その理由はなにか。 人は点であり、繋がらない。毎日、点として一生懸命生きているけどいつまでも点のままである。そこが悲しい…

佐々木俊尚著『家めしこそ、最高のごちそうである。』

佐々木俊尚さんはどこへ向かっているのだろうか? ホントのところよくわからない。 この本は、才能を無駄遣いしているかとも受け取れる内容だ。 しかし、生きることの豊かさをかんじさせてくれるいい本だと思った。 中身は、元気な人が食べる食事だなあ。 お…

囲碁の呉清源さんが亡くなった。

佇まいが好きで、長い間ファンだった。気品とはこれか、知性とはこれかと、その姿で体現してくれている方だったと思う。私には、囲碁といえば呉清源さんというイメージだった。 100才で亡くなられたそうだ。 なんとなく訛りのある話し方も、高い声も雰囲気に…

『ICHIROUYAのブログ』

時々ブログの内容に惹かれて見ている。 今日は『55才になってしみじみ感じること』の中で お金より時間、所有より経験、自分が納得する方を選ぶなどは、同意だ。 波風を立てないために、簡単にYESというなかれ。 NOというというところは私もこれから心…

『無名の人生』渡辺京二著 図書館の予約の順番が回ってきた。

文春新書『無名の人生』渡辺京二著。 矜持のある人のようだ。 昔の人であることは、文脈からかんじられる。特に女性に対する考え方は古い人だと思わせるものがある。しかし、それ以外は気持ちよく読めた。 誤解されることが多いのだろうけど、言いたいことは…

養老孟司著『「自分」の壁』と矢作直樹著『いのちが喜ぶ生き方』

図書館に予約していた本が届いた。 自分の壁といのちが喜ぶ生き方の2冊だ。 たまたま予約していた本が同時に借りれるようになったので、近くの公民館で受け取りをお願いして取りに行った。 パッと目を通すとなんか共通点がある。 今を大切に生きることと、…

パソコン要約筆記学習

パソコン要約筆記の講座に通っている。これがなかなか一筋縄では行かないのだ。 初めてから、1年以上経っている。 なかなかパソコンの入力速度が上がらない。 今日の講座であいうえおを目をつぶって打った。 はじめの一歩の練習だ、初心者が身に付けるべき課…

スマホゲームにハマっている。

『黒猫ウィズ』や『白猫プロジェクト』を始めてしまった。 もう一ヶ月経つ。何度か通信エラー始めからからやり直しを何度もやっている。 しかしやめられなくて。また始めからやっている私がいる。 なんということだ。子どもたちがはまっている姿やパチンコに…

リボン、レース、花、刺繍、水玉。

好きなものは変わらない。並べてみると少女趣味だ。いつも周りにあるといいな。 大人なつもりでも中身は変わってない。これらをみんな並べていることが嬉しいわけではない。生活の所々にあるといいな。 シャンタンやビロードも好きだ。 時々見え隠れする赤の…

汗がしたたる

こんなに汗がでるのはいつ以来かなあ。出てるつもりはないけれどこれがポタポタとしずくになって下に落ちて気づく。ああ、あせが溢れてる。 タオルで拭くととても気持ちがいい。さっき雨ふりだしたから、窓閉めたんだ。 これが汗臭い。出来ればいつもいい香…

丁寧に見ること

街の本屋さんにはインテリアの本があってこれを見るのは至福のひとときだ。ブログにもインテリアがいい感じのがたくさんある。特にお家でサロンとかいうブログはいいなあといういう雑貨が溢れている。 自分の家を見まわすとそれぞれで見ていいなあと思っても…

アーティストとしてやってると意識を変えてみる。

アーティストであると思って暮らしてみるのはどうかな? 毎日の生活が、日常の食事の支度や洗濯や掃除あるいは家計のコントロールなどのうめつくされている。 そういえば洗濯物昨日も干したなあって。当たり前だが、洗濯を干すと言う日常の繰り返しには脳が…

空芯菜は、本当に茎が空洞!

近くのオオジというスーパーに空芯菜があった。 空芯菜の新芽ばかり食べてたけど、始めて大きく育ったのを買ったのだ。茹でたが、なんかかたい。 煮た方がいいのか? これくらいの歯ごたえがいい感じなのか? マカロニ風、かたさは違うけど。 葉の方は、ぬる…

永遠のゼロ。やっと順番まわってきた。

図書館に予約していた人気の本「永遠のゼロ」がまわってきた。案外早かった。諦めた人も多かったのだろう。 読み始めて何で予約したのかなあと思った。 歴史とくに戦争の時の色々なお話は、どう評価したらいいのか、今の所私にはしっくりこない。話される内…

梅雨明け朝宣言しちゃいました。

きっと今日梅雨明けすると思ったので、お家の人に梅雨明け宣言しますと言いました。わかりやすい年とそうでない年があるようです。 今年は今日からって空が言ってくれたので明解です。 梅干しの土用干しスタートです。全部で179個です。5キロってこんなもの…

花1

毎日大好きな花と暮らしたい。 育てるのは、向いてないようだ。今年は紫蘇を植えたが、途中までは順調に育ってくれたのに。 今は悲しい状態です。何がいけなかったのだろうか?引っこ抜こうとしたら、根はものすごくはっている。どうしたのかなあ。 おしまい

高橋是清十家訓が好き。

たまーに、みて納得してます。 「ダルマ宰相」高橋是清の10家訓 第1訓・人生 人生一寸先は明るい …エピキュリアン(楽天主義者)の勧め 第2訓・忍耐 必要以上の我慢をするな …時には堪忍袋の緒を切るべし 第3訓・女 心よりまず姿を美しくせよ …女に意見…

もう少し気持ちを表現したい

ぶつかることを恐れすぎてる。 感じたことをぶつけてもいいのかなって思った。 先日の野々村議員の記者会見を見て、言いたいことをもっと言った方がいいなあと思った。 恥ずかしいとかいう気持ち減らしてもいいかな。 少なくとも、感じたことを表現している…

三方よしがいいと思う。

コンビニやスーパー(セブン-イレブンもイオンも)自社開発商品がならんでいる。 これはとても利益が高い。この考え方で商売を推し進めると破錠すると思う。 『三方よし』って言葉は正しいと思っている。いつも利益を得るのは売る側だとすると それ以外の人…

ご機嫌さん。

いつも笑い転げていたい。 優しいのは見かけだけ。 ピュアでいたいと思う。 何がそうさせるのだ。怒って、闘っていたいのだ。にげてぱかりだぞ。 自分には逆らえない。言い聞かせても嘘はつけない。その前から解っている。何が真実なのか。言葉の前に感覚が…